国立大学法人 静岡大学 岡田研究室(創造科学技術大学院 情報科学専攻/大学院 総合科学技術研究科 情報学専攻/情報学部 行動情報学科)

本研究室は,「行動や知識に関わるデータサイエンスの研究」を推進しています.具体的には,ユビキタス・マルチモーダルセンシング技術を基軸として,行動・知識に対する工学的計測と科学的理解を進めています.人の身体・環境・知能に関わる情報に関して,ありとあらゆるものを計測し,計算リソースとして取り込み,意味理解し,活用することに興味を持っています.


研究の概要

人は,実世界の中で様々な活動を行うもので,特に,学習など知的な営みは,人を人たらしめているものだと思います.本研究室では,(1)「人が実世界で行う知的活動に関して,その成り立ち」を理解したい,(2)また,そのような理解に基づき「人が知的に振る舞える仕組み」を具現化したい,と考えています.

これに迫るための着眼点は,「人が,実世界と直接,相互作用できる身体をもつこと(身体性)」,「人が自らの感覚器を通して,周りの実世界情報を得られること(立脚性)」です[Pfeifer2001,岡田2012].言い換えれば,「人の身体は,実世界の情報を取得するためのセンサとして,また,実世界を操作するためのアクチュエータとして,機能する」[Okada2012]という点が,ポイントです.

本研究では,実世界での知的活動のうち,実世界学習(特に,自然環境の中での環境学習)を取り上げています.実世界学習は,「学習者の身体を通した活動であり,学習者が実世界に対してなす相互作用が,学習という知識活動を駆動する」[岡田2012]ものです.これまでの研究で,このような学習の成り立ちにおいて,情報処理,身体(行動),実世界(環境)が一定の関係性を有することが分かってきました[岡田2008,岡田2012].例えば,実世界における身体運動をウェアラブルセンサで計測し,処理することで,実世界学習における知識交換など,知的活動の生起は推定できます[岡田2008].また,「実世界学習の場がもつ空間特性」を抽出する手法も開発しました[岡田2012].このような研究を発展させて,最近は,知識,行動,環境という異質な要素をユビキタスセンシング技術で捉え,階層的に理解を積み重ねる手法を提案しています[Okada2014].これは,人の高次の知的状況を捉え,また,その捉えた状況をもとにして,知的活動を拡張するための情報処理フレームワークです[Okada2014].

さて,このような研究は難しく,また,基礎となる知見も不足しているため,頭の中だけでモデルを作るには限界があります.そこで,知的活動の「実態」を知り,それをシステムに取り込むことが基礎的に必要となります.そこで,本研究の実施においては,(1)「マルチモーダル(多様式)なデータ分析によって,実世界で生起する現象を多面的に把握すること」,(2)「実世界指向の技術をもとにしたシステム開発によって,新しいもの(分析技術および支援技術)を創り出すこと」,の2つの視点を重視しています.この2つの視点は独立したものではなく,互いに補い合うものであり,知見が技術開発を生み,技術開発が知見を生むという関係です.すなわち,本研究室では,データ解析(データドリブンの研究)で得られたデザインプリンシプルを,情報システムのモデル化・設計・実装(モデルドリブンの研究)にフィードバックし,また,逆も行うという循環的な研究方法論で,研究を実施しています. その際,下記のキーワードに挙げたとおり,工学技術だけでなく,認知心理学や学習科学,また,社会調査法なども含めた学際的な側面から,研究の実施を行っています.



[Pfeifer2001] Pfeifer, R. and Scheier, C.: Understanding Intelligence, The MIT Press, Cambridge, MA (2001).
[岡田2008] 岡田 昌也,鳥山 朋二,多田 昌裕,角 康之,間瀬 健二,小暮 潔,萩田 紀博:``実世界重要体験の抽出・再現に基づく事後学習支援手法の提案'',電子情報通信学会論文誌D,Vol. J91-D, No.1, pp. 65--77,1月,2008. (査読あり) [岡田2012] 岡田 昌也,多田 昌裕:``行動計測・知識外化技術による実世界学習の場の空間特性の抽出手法'',情報処理学会論文誌,Vol. 53, No. 4, pp. 1433--1447, 4月,2012. (査読あり)
[Okada2012] Masaya Okada, and Masahiro Tada: ``Sensing Learner Access to the Knowledge Spatially Embedded in the World'', Proceedings of the Second International Conference on Mobile Services, Resources, and Users (MOBILITY 2012), pp. 27--33, Venice, Italy, October, 2012. (査読あり)
[Okada2014] Masaya Okada, and Masahiro Tada: ``Formative Assessment Method of Real-world Learning by Integrating Heterogeneous Elements of Behavior, Knowledge, and the Environment'', Proceedings of The 4th International Conference on Learning Analytics and Knowledge (LAK14), pp. 1--10, ACM, Indiana, USA, March 2014(査読あり)


分野(科研費の分類コード)


研究のキーワード


行動情報学科における研究紹介(岡田研・概要)

静岡大学情報学部行動情報学科における研究紹介(岡田研・概要).別ページでリンクが開きます


新着情報